安全・円滑な歯科医療のために
こだわりの設備を導入
静岡市清水区の歯医者 あさひ歯科クリニックでは、患者さまに快適な歯科医療を受けていただくために、
徹底した院内感染予防・こだわりの診療機器により安全・円滑な診療に取り組んでいます。

院内感染を防ぐための
衛生設備

クラスB滅菌器
歯科医療では、感染経路となってしまう血液や唾液などを扱う診療がほとんどで、どうしても使用する器具に付着してしまいます。さらに、複雑な構造をしている診療器具は、その内部までも菌やウイルスが付着するため、感染対策を欠かすことができません。そこで当院では、器具内部に付着した菌やウイルスまで徹底的に死滅させることができる滅菌器を導入しています。
滅菌器の中でも世界最高水準の「クラスB」を採用しており、より質の高い院内感染予防に努めています。
* 世界最高水準ClassB
  • 消毒・殺菌・滅菌の違い

    「消毒」は、細菌の感染力を弱らせ、問題のない程度にすること。「殺菌」は、付着している限られた細菌を殺すこと。そして「滅菌」は、あらゆる細菌やウイルスを完全に死滅させることです。このとおり、菌にとって最も厳しく、最も感染予防に効果的なものは「滅菌」となります。

    消毒・殺菌・滅菌の違い

  • 当院導入クラスBとは?

    滅菌器には3つの基準がヨーロッパで定められており、中でもクラスBは、世界で最も高い基準(医科と同水準)とされています。あらゆる種類の器材・器具において高度な滅菌が可能です。

    当院導入クラスB

ハンドピース専用洗浄・滅菌器

*

ハンドピースという歯を削る際などに使用する器具専用の滅菌器です。形状や大きさに関係なく、スピーディかつハイレベルに、専用機器ならではの洗浄・滅菌・メンテナンスを可能にします。

口腔外バキューム

*

診療時には、肉眼で見えないような細かな粉塵や水が飛散しています。それを吸い込んでしまったり患者様の顔にかかってしまわないように、すばやく強力に吸引する装置です。

安心して受診していただく
ための取り組み

* *

あさひ歯科クリニックでは、診療ごとに使用器具の洗浄・消毒・滅菌を必ず行い、
1セットずつ滅菌パックに入れ、衛生的に保管しています。
また滅菌できないグローブなどについては使い捨て(ディスポーザブル)のものを使用するなど、
来院された全ての方に安心していただけるよう、こだわりの衛生管理に努めています。

的確な診断・治療を
行うための設備

歯科用3DCT
従来のレントゲンでは、一方向からの平面画像のみの撮影しかできず得られる情報が限られましたが、この歯科用CTでは3次元(立体)撮影が可能で、歯はもちろん、歯を支える顎骨の量・形状・状態など、多角的かつ豊富な情報を得ることができ、より正確な診断を行うことが可能となります。
より精密に患者さまの状態を把握できるので、一般的な歯科治療から、高度治療であるインプラントや歯周外科治療、親知らずの抜歯などの診断・シミュレーションにも大いに役立ちます。
*
拡大鏡

*

肉眼での確認では困難な、小さな歯の表面にある小さな凹凸や、ヒビなども細かく捉えることができます。
詳細な確認が可能のため、より精密な治療に繋がります。

一眼口腔カメラ

*

お口全体や顎顔面の周囲とのバランスなど、今の口腔の状態を撮影します。他の検査結果や撮影画像とあわせてデータを蓄積していくことで、長期的な管理に役立ちます。

口腔内カメラ

*

鏡では見づらくご自身では気付かなかったような患部の状態を、このペン型口腔内カメラで撮影し、モニターに大きく映し出しながら、症状や治療内容を説明することが可能になります。

位相差顕微鏡

*

口腔内の歯周病やむし歯などの原因となる細菌を、実際に動いている生きた状態で見ることができるため、予防の重要性を実感していただけます。

的確な診断・治療を
行うための設備

カウンセリングソフト
医療においては、特に信頼関係や明快な説明が重要であると考えています。「治療内容が理解できていない…」「よくわからないまま治療を進められてしまう…」といったことがないように、またそのような不安を取り除くことができるように、当院ではカウンセリングソフトを導入しています。
このソフトでは、検査で撮影した口腔写真やCT画像を鮮明に映し出し、言葉だけでは伝えづらい内容も、患者さま自身の目で視覚的にも理解していただくことができます。当院では、インフォームド・コンセント(詳しく説明を受けた上での同意)を徹底するために、検査結果や治療の流れ、治療後のメインテナンスなどについて、分かりやすく丁寧にご説明しています。
*

痛みの少ない治療を
行うための設備

電動麻酔注射器と極細針
治療の痛みを軽減するために麻酔注射をしますが、その麻酔注射に痛みがあっては意味がありません。それは、手動による麻酔液の注入スピードのムラや、圧力の不安定さが、痛みを感じる原因となっています。
当院では一定のスピード、安定した圧力で麻酔液を注入することができる電動麻酔注射器を導入しているので、麻酔注射時の痛みを、大幅に軽減することができます。
また、機械制御だからこそ扱える極細針を使用し、より負担を軽減します。
*

さらに痛みを軽減するために

さらに痛みを軽減するために

  • カートリッジウォーマー

    *

    他に痛みの原因として、体温と麻酔液の温度差があげられます。カートリッジウォーマーで麻酔液を体温と同程度まで温めることで、痛みを和らげます。

  • 表面麻酔剤

    *

    表面麻酔剤を塗布し、麻酔注射の針を刺す箇所の表面を麻痺させることで、針が刺さる時のチクッとした痛みも和らげます。

CO2レーザー

*

口内炎や歯ぐきの炎症の抑制、殺菌・止血効果など、痛みをほとんど感じることなく、あらゆる治療に使用することができます。副作用もなく妊娠中の方、高血圧の方、人工透析されている方にも安心です。

その他、快適に
受診していただくための
設備を導入しています

診療チェア

*

ホールド性の高いシートでより安定した姿勢を保つことができる、こだわりの診療チェアを導入しています。ふかふかのシートで、お身体の負担を軽減します。

印象材自動練和器

*

詰め物や被せ物を製作するための型採りに使用する粘土のような「印象材」を、自動で練ることができる器械です。手作業による不安定な粘度や気泡が入り込むこともなく、より精度の高い型採りが可能に。

AED

*

当院ではAED(自動体外式除細動器)を常備しています。万が一の事態でも全スタッフが迅速に行動できるように、繰り返しシミュレーションしています。

pagetop